top of page
TT_ltd_logo.jpg

ひとによいこと、環境によいこと、社会によいこと、をデザインコンシャスに。

Good for People, Good for the Environment, Good for Society, with Design consciousness.

Our Purpose​

ひとによいこと、環境によいこと、社会によいこと、をデザインコンシャスに。

Good for People, Good for the Environment, Good for Society, with Design consciousness.

誰もが安心感・満足感・幸福感を感じて暮らせる社会と環境を、

仲間と共に創る

Together with our colleagues, We will create a Society and Environment where everyone can live

With a Sense of Security, Satisfaction, and Happiness.
ーー


私たちはグローバルシチズンシップ(地球市民意識)を持ち、

ひと、地球、社会、自社にとって、「持続可能であるか」を常に価値基準として、

企業運営を推進していきます

We have a Global Citizenship, and We will always promote corporate management

with the value standard of "Sustainability" for People, the Earth, Society, and our Company.

Our Purpose

私たちの目指すもの

Member

​仲間

Company

​会社概要

Our 10 Rules

​私たちのルール

our purpose
top
TT_ltd_web_kv_C2.jpg

MEMBER

member

CROSS TALK

_YT38007h_fin_2.jpg

〈THINKSTHINKS Co. Ltd〉設立に寄せて

THINKSが目指すこれからの社会と
「エシカルクリエイティブ」という選択肢


スタイリストとして活動する石井なお子が2016年にスタートした〈THINKS〉。「人によいこと、環境によいこと、社会によいことをデザインコンシャスに」をテーマに、これまでさまざまな活動を行ってきました。2022年10月、島野麻里がプロジェクトマネジメントを担い、〈THINKSTHINKS Co. Ltd/シンクスシンクス〉を設立。あらためて、なぜ〈THINKS〉という活動を始めたのか、私たちが目指す「エシカルクリエイティブ」とは何か、今後どのように取り組んでいきたいか、これから実現したい社会について思うこと、などを対談形式でお届けします。

−はじまりは、「自分の幸せな生き方って何だろう?」という疑問から。

石井なお子(以下、石井)
THINKSをはじめたきっかけはいくつかあるのですが、やはり一番大きいのは2011年の東日本大震災ですね。それまでは、食の安全とか原発の必要性、環境問題や再生エネルギーについて、身近な人と話す機会がほとんどなかったんですけど、自然と話せるようになった感覚がありました。


私が社会問題に関心を持つようになったのは、幼い頃に母親からそういったことを聞いて育った影響もあるかもしれません。かといって、特別に教育熱心なわけでもなければ活動家でもない、ごく普通の人でした。THINKSの考え方は、そんな母からの教えがベースになっている部分もあり、自分とは違う環境で困っている人、生きづらい人たちのことが気になり、解決したいという気持ちが原動力になっています。
 

同じタイミングで、「これから先の人生で、自分はどんなことをやっていたら幸せでいられるだろうか?」ということも考えるようになっていたんです。スタイリストの仕事を長くやっていると、ファッションやアパレル業界ではどうしても「エシカル」から遠ざかってしまうことが多く、そこに疑問を持ち始めていた時期でもありました。そこで、私なりに考えて解決策を模索していこう、まずはできることからはじめてみようということで、今の活動をスタートしました。

 

−「個性」が集まれば、大きな力になる。それがクリエイティブの魅力。

 

島野麻里(以下、島野)
私は、ブランディングやプロジェクトマネジメント、マーケティングなどの仕事に携わってきたのですが、いろいろな肩書きを持つ人たちと一緒にチームを組んで仕事をする機会が多くありました。年を重ねるごとに「人の力を生かせるような人間になりたい」という考えがどんどん強くなってきたこともあり、それぞれの人に備わっている良さや得意なことを結集させれば、どんなことだって実現できるし、チームで力を合わせれば困難なことも成し遂げられるっていうことを、クリエイティブの現場では常々感じていました。


石井と出会ったのも仕事現場がきっかけなのですが、「気持ちのいい人だなあ」と思ったのをよく覚えています。そのときに、彼女の気持ちのいい仕事の仕方や人との接し方、現場での頼もしさにちょっと感動してしまって。今回の法人設立にあたっては、THINKSの活動に共感したことも前提としてありますが、この人と一緒に仕事をしたらきっと、やさしくて楽しいものが生まれるだろうという可能性を強く感じたことも大きいです。

石井 
THINKSは私一人で行ってきた活動なんですけど、一人でできることの限界というのも正直感じていたので、良い出会いに恵まれたと思っています。それに私たちの場合、仕事の役割やお互いの性格が真逆なので(笑)。私にできないことを彼女がやって、彼女にできないことを私がやる。自分と違う視点を持っている人とチームを組んでお互いの強みを生かすことできれば、より良い相乗効果が生まれると思っています。

 

−「エシカル」で「サステイナブル」な社会を実現するための仕組みとは。

島野 
具体的にこれからどんなことに取り組んでいくかを考えたときに、そもそも私たち自身が持続可能でなければならないというのはお互い話していて。やっぱりボランティアだけで活動を持続するというのは難しいですから。だからこそ、自分たちができることを持ち寄り、エシカルでサステイナブルな社会を実現できるための仕組みをつくりたいと思って考えたのが、「エシカルクリエイティブ」というものです。

たとえば撮影やイベントを行う際に、あらゆるものがその日のためだけに作られたり使われたりして、そのまま廃棄されている現状があったりするんです。また短納期、低コストの強制や、個人への業務依存ややる気搾取など、人が疲弊していく組織や現場もあったりします。もちろん企業努力は重要ですし、自戒もこめて、私たちが関わる現場では、なるべくそういったことを減らしたいと考えていて、人にも環境にもやさしいクリエイティブのチームや現場を目指しています。

また、福祉施設を積極的に活用し、多くの人のやりがいになるような仕事を提供しつつ、企業側の福祉支援も積極的に支援したいと考えています。

 

基本的にはOur SDG's InitiativesOur 10 Rulesに則ったプロジェクトを企画運営し、クライアント企業の未来を創る選択肢のひとつとして捉えていただきたいですし、一般消費者にもエシカルな考え方をもっと普通で身近なものとして取り入れていただけるようになったらうれしいです。


石井 
そこに加えて、これをやっていればエシカル、これをやったらSDGsという発想ではなくて、なぜやるのか?なんのためにやるのか?という考え方の本質的な部分や、背景まで落とし込まれているかというのがとても重要だと考えています。エシカルとは、シンプルに「やさしさ」だとも考えていて。一つひとつの物事をそうやって捉えていくと、世の中を見る目も少しずつ変わってくると思うんですよね。

THINKSという活動は、その名前のとおり「考える」こと。考えているだけで社会は変わらないけど、まずは考えないと始まらない。考えないと行動できないし、何にも成らないですよね。一人ひとりが自分で考えることを積み重ねていけば、それぞれの人生やこれからの社会が豊かになっていくはず。さまざまなことに興味や疑問を持ち、関わるすべての人たちと一緒に楽しみながら、良い未来に向かって歩んでいきたいと思っています。


島野 
サステイナブルということであれば、お客さんとつながっていけるエシカルなワークショッププログラムの提供や、持続的な組織をつくっていくためのプログラムのご提案などもさせていただきたいなと思っています。また、私たちが過去に関わってきたウエディング業界でできることは多いと考えていて、「エシカルウエディング」ディレクションも強化していく予定で、今から二人でワクワクしています。


会社としては将来的にB-Corp(ビーコープ)認証*を取得することを目指していて、そういった同じ志を持つ人たちとも積極的につながっていきたいですね。

*B-Corp(B Corporation)
社会や環境に配慮した公益性の高い事業を行う企業に対して与えられる、アメリカの非営利団体B Labが運営する国際的な民間認証制度。

 

Photo_Yoko Tagawa

Edit&Text_Haruka Inoue

crosstalk

COMPANY

company

株式会社THINKSTHINKS(シンクスシンクス)

/THINKSTHINKS Co.  Ltd

​エシカルアクションに基づいた

・コンサルタント

・クリエイティブエージェンシー

・コーディネート(ビジネス/デザイン/ワークショップ/撮影/空間)

・イベント運営

・小売

〈具体的な活動〉

地方活性化のマーケティング支援

​福祉施設を活用した商品開発/販促物制作

顧客(一般消費者)向けワークショップの企画運営

エシカルブランドを招致したマーケットイベント企画運営

​エシカルウエディング運営支援

​エシカルプロダクトの小売販売

資本金:3,500,000円

設 立:2022年10月11日

​(2016年THINKSスタート)

代表取締役:島野麻里

  取締役:石井なお子

本社所在地:

東京都世田谷区松原2-38-9-903

アトリエ :

東京都渋谷区恵比寿4-17-8ー501

​代表電話 :050-3528-8375

Our SDGs Initiatives

SDGs_thinks_icon.jpg

私たちは、特に以下項目に重点的に取り組みます。

・廃棄物、食品ロス削減
・CO2削減
・自然、再生エネルギーの活用
・多様性の確保
・女性活躍
・安心、安全な労働環境の確保
・中小零細企業の成長支援
・パートナーシップの活性化

ourSDGsInitiatiave
ww_green.jpg

Our 10 Rules
for the THINKSTHINKS Team

1.リーダーシップをもちます

 私たちは自ら目標を定め、実現にむけて自律的に行動し、周囲に働きかけます。重要なインプットを精査し、適正な品質で迅速にそれを実行します。たとえ困難なことがあっても、立ち向かい、決してあきらめません。

 

2.フォロワーシップをもちます

 私たちは主体的かつ自律的にチーム目標に関与し、批判的思考と共に積極的に支えあいます。そして誰もがリーダーシップとフォロワーシップを同時に持ち合わせています。

 

3.美意識と信念をもちます

 論理的にシロクロはっきりつかない問題について答えを出さなければならないとき、最終的に頼れるのは個人の「美意識」と「信念」です。

4.倹約の精神をもちます

 倹約の精神は創意工夫、自立心、発明を育む源になります。

5.人に対して敬意をもって接します

 人に対し常に誠実かつ迅速な姿勢で相対します。賛成できない場合には、敬意をもって異議を唱えなければなりません。たとえそうすることが面倒で労力を要することであっても例外ではありません。しかし、いざ決定がなされたら、全面的にコミットして取り組みます。

 

6.注意深く耳を傾け、率直に話し、間違いは素直に認めます

 自分の時間は自分だけものではなく、仲間のものでもあります。多様な考え方を追求し、自らの考えを反証することもいといません。

7.好奇心をもって、常に学び続け、新たな可能性を追求します

 狭い視野で考えてしまうと、大きな結果を得ることはできません。自由に革新と創造を求め、常にシンプルな方法を模索します。

8.優れた才能を持つ人を見極め、進んで人を活用し、コーチングの姿勢をもって真剣に育成します

 多様なバックグラウンドを持つ人を積極的に招き入れます。私たちは全てのメンバーのために、キャリアの選択など新しい成長の仕組みを創り出します。

9.オーナーシップをもち、「全体」のために行動します

 長期的な視野で考え、短期的な結果のために長期的な価値を犠牲にしません。全体最適は、部分最適より常に優先されます。仲間の育児や介護、ボランティア活動、その他大切なライフイベントは私たちの仕事の一部です。

10 .グローバルシチズンシップ(地球市民意識)を持ち、ひと、地球、社会、会社にとって、「持続可能であるか」を常に判断基準とします

 グローバルシチズンシップとは、多様性を尊重する思いやりの精神でもあり、次世代にいい社会を残していこうと考える志です。私たちは明るく、楽しく、健やかに、価値を生み出し、その価値が持続していくことができるのかを常に問い続け、前進します。

Our 10 Rules
TT_ltd_logo.jpg
bottom of page