March 13, 2017

Please reload

Recent Posts

vol.4-2 BROWN SUGAR 1ST. 萩野みどりさん

September 25, 2017

 

揺るぎない価値観を大事にしながら

時代に沿って変化もしていく

 

 

「オーガニックというとパッケージもシンプルでナチュラルなものが多かったのですが、その中で「ブラウンシュガーファースト」の商品は、パッケージも可愛かったので目立っていたし、何よりも安心感があった」とTHINKS代表・石井さんも言う。

 

 

 

 

「そう言ってもらえると嬉しいです。せっかくいいものを作っているのに、最後のパッケージ部分で、そこを自分たちの手で簡単に作ってしまう生産者の方って多いんです。でも、いいものを作ったらそれを出来るだけたくさんの人に手にとってもらいたいので、ロゴやパッケージはこだわり、デザイナーさんにお願いしました。石井さんのTHINKSと同じですよね、“これはカラダにいいんだよ!”とだけアピールして買ってもらうのではなく、パッケージで可愛いなと思って手にとるような人にも届いて欲しいんです。食は基本的に楽しむものだと思っているので」

 

 

 

 

お母さんの手料理を、安心安全な食材で作れたら…という想いから始まった荻野さんの活動だが、手料理というものが確実に減っていくという世の流れもまた理解しているそう。そこで新しく始めたのが、冷凍食品。

 

 

 

 

「海外では、可愛い、美味しい、安全安心、簡単、が揃ったものがたくさんあります。それなら気軽にトライすること出来ます。そういうものが日本にも増えてくれたらいいな、と。例えば、お母さんがご飯を作るのが大変なとき、罪悪感を感じずに子どもに出せる冷凍食品があったら、それってすごく嬉しいですよね」

 

「分かります。簡単で美味しいものには、身体に良くないものが入っているという偏見がどうしてもあります。だから、簡単なものを子どもに出すときにはどうしても罪悪感がどこかにあって…だからこれは本当に嬉しい!」とTHINKS代表・石井さん。

この冷凍食品は、荻野さんの故郷である福岡県久留米市のスパイス教室「TAKECO1982」で、地元のおばちゃまたちが手作りしているそう。

スパイス教室を主催したり、地元でとても人気があるたけこさんは、荻野さんの叔母さんにあたる人。

オーガニックな食材を必ず使うというわけではない。でも、オーガニックって何?と改めて考えた時、“有機的な繋がり”“未来に向けて好循環に幸せな連鎖を産むもの”などと考えた時、そういう意味でTAKECOはオーガニックと同じ存在だと思ったそう。

 

 

 

 

「私たちは、今までの経験からブランディングは出来ます。なので、生産者さんたちの素晴らしい動きを、ブランディングしてきちんと場作りし、流通に乗せてあげる。地域に密着して活性化させること。今まで培ってきたブランディング力・PR力を日本中の生産者さんの活動に役立ってもらえるように頑張っていきたいです。得意な分野は得意な人がやればいいんです。結果、いいものを世に届けていくことが出来ればいいわけですから」

 

 

ビビットなカラーが目を引くパッケージの「ココクッキー」は、東京の5つ星ホテルでもティーラウンジのお茶菓子として使ってもらっており、パッケージデザインの賞もとっている。その人気商品、こぐま福祉会にパッケージを製造してもらっているそう。

 

 

 

 

「ホテルからは、あるコンビニでこのクッキーを見てくれてお声がけしてくれました。パッケージデザイン賞を頂いたのも、純粋にパッケージの美しさゆえ。まずは味やパッケージを気に入ってくれて、その向こうに実はそういう製造背景があったという方が良いんです。だから、私はココクッキーの製造をこぐま福祉会にお願いしているということは、特にわざわざ公言はしていません。こぐま福祉会の方々は、試作のときにもとても気持ちよく仕事してくれ、“お互い様”というスタンスでご一緒させてもらっています。こだわりというものは、私たちがそれぞれ持っていればいい。いちいちそれを人に伝える必要はないんです。“想い”が1番大事だと思っています」

 

 

 

 

“オーガニック”というものをきちんと理解し、原材料や製造工程にはこだわり抜く。一方、オーガニックというものだけにとらわれず、フラットに柔軟に時代に対応していく懐の広さも持つ。その根本にあるのは、お母さんが楽しく幸せに子育て出来る環境を作りたいという荻野さんの揺るぎない想い。その想いがブレない限り、この会社は有機的につながる商売を通して、社会貢献という結果を自然と生み、広がっていく。

 

 

 

 

Edit & Text : Maki Kakimoto

Photo : Masaharu Arisaka(STUH)
Direction : Naoko Ishii

 

----------------------------------------------------

 

PROFILE

荻野みどり(おぎのみどり)

 

1982年生まれ、福岡県出身。株式会社ブラウンシュガーファースト代表取締役。

2011年第一子出産後、「わが子に食べさせたいかどうか?」を基準に食材を厳選するお菓子ブランド「BROWN SUGAR 1ST.」を立ち上げる。東京・青山の国連大学前のファーマーズマーケットにてお菓子を製造・販売する中で、原材料としての油脂選びの大切さに気づき、マーガリン・バター・ショートニングに代わる油としてココナッツオイルに出合う。2013年株式会社として法人登録し、本格的なココナッツオイルの輸入・卸をスタート。日本のココナッツオイルブームを牽引。現在は、ココナッツオイルを始めとした、有機食品を全国の百貨店。スーパーにて取り扱い中。

 

―――――――――――――――――――――

◆BROWN SUGAR 1ST. TOKYO ORGANIC

東京都渋谷区神宮前3-28-8-1F

 

10:00-18:00

http://bs1stonline.com/

 

◆TAKECO1982

福岡県久留米市通町102-10

TEL:0942-39-8600

時間:11:00~18:00

営業: 月~土( 日祝休)

http://takeco1982.com/

 

 

Please reload

Please reload

Archive

Copyright (C) 2020 THINKS ALL Rights Reserved.